太陽光発電の寿命

太陽光発電

耐用年数17年

太陽光発電がどのくらいもつのかを調べていると、耐用年数17年という数字が出てきます。この耐用年数ですが、あくまで税制面を計算する法定耐用年数であるので、実際のシステムの寿命には関係しません。

どのくらいの年数使える

太陽光発電が開発されてから歴史がまだ長くないので、寿命に関しての事例が多くありません。長期に渡って使用された実績がないため、まだ寿命を意識されたことが無いです。

30年稼働している

およそ30年以上安定稼働している太陽光発電が日本に2か所あります。30年前の技術で現在でも稼働していることから、現在開発されている東芝のパネルはより長い寿命を期待できることでしょう。

パネルは年々劣化する

長期的に使用されてはいますが、使用していくうちに性能が劣化していきます。最も多くあるのが配線の劣化です。メンテナンスを怠らず、十分な発電力を保ちましょう。

アフターケアをしっかりと

寿命に関するデータはまだ不明なことが多いですが、少しでも長く使用するのであれば専門家のメンテナンスを欠かさないことが重要です。手厚いアフターサービスや保証でソーラーパネルを選びましょう。

広告募集中