資源が枯渇しないエネルギー

再生可能エネルギーとは資源が枯渇しないエネルギーのことを指します。太陽光も再生可能エネルギーです。太陽光を導入するメリットを中心に紹介します。

太陽光発電のメリット

環境に良い

再生可能エネルギーである太陽光発電は、地球温暖化などが問題視されるようになり脚光を浴びるようになりました。地球温暖化の原因とされるCO2が排出されることなく電気を作ることができます。そのため、国が普及の後押しをしているので、安くで導入することができるようになりました。

電気代を抑えられる

太陽光発電をするメリットは、発電した電気をそのまま自宅で使用することができるので、電気代の節約になる事です。東芝の太陽光パネルは発電効率が良いです。

余った電気を売る

太陽光発電で発電はしたものの、使いきれなかった分の電気は電力会社に売ることができます。売る電気の価格は自宅で使用する買う電気より高く設定されているためお得です。

非常用電源として使用できる

太陽光発電を設置する付随的なメリットですが、停電時にも発電中であれば使用できることです。太陽が出ている日中の間ですが、非常用の電気として使用することができます。

最上階の温度が下がる

意外なメリットになりますが、太陽光パネルを設置することにより最上階の温度を下げることが期待できます。屋根の上にパネルを設置するため、夏場は屋根の直射日光の面積が減ることで温度が下がり、冬場は放射冷却の抑制になるため温度が下がりにくくなります。

再生可能エネルギーの太陽光

住宅

再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギーとは、エネルギーを有効利用するための法律で決められた永続的に利用ができると認められるものを指定されています。

資源の枯渇がない

太陽光や風力、水力や地熱、太陽光といった資源が枯渇せずに繰り返し使用できるエネルギーであり、利用する際に二酸化炭素などを排出しない地球にやさしいところが、再生可能エネルギーのポイントです。

導入をすすめる意義

日本のエネルギー供給は8割が化石燃料によってもたらされるものであり、そのほとんどを海外に依存しています。最近は化石燃料の乱高下が多いことなど、エネルギー市場が不安定化しています。再生可能エネルギーの導入が拡大すると、エネルギーの安定化に繋がるため、導入が進められています。

太陽光もその対象に

太陽光を導入する時にも、国からの支援が行なわれています。各自治体によって異なりますが、補助金が出る場合があります。確認して導入しましょう。

広告募集中