太陽光がお得な理由

太陽光システムを設置するために初期費用がいくらかかかります。それでも太陽光がお得といわれる理由とは何でしょうか。売電システムを知っていきましょう。

太陽光発電の売電の仕組み

売電制度とは

太陽光発電で発電した電気を、買い取ってもらえる制度が売電制度です。その際売値は一定期間ずっと固定されます。

売電期間で価格の定め

売電期間とは売電価格が適用される期間のことです。売電価格は毎年引き下げられていますが、一度設置することでずっと一定の値段に保つことができます。

売電方式とは

売電方式は2種類あります。1つ目は発電した電気を家の中で使用して、余った分を売電する余剰電力買取制度です。2つ目は使用に関わらず、発電した電気を全て売電する全量売電制度です。

売電は再エネ賦課金から

電気の使用明細に書かれている再エネ賦課金等という項目が売電価格の原資になっています。早めに導入すればするほどお得になります。

早く設置した方がお得

普及が一気に進んでいる今現在は、東芝の太陽光システムをなるべく早く設置した方がお得です。売電価格が高い内に導入することをおすすめします。

注目のエネルギー太陽光発電

パネル

ソーラーパネルの選び方

ソーラーパネルを良く選びましょう。自宅に合ったソーラーパネルを選んで効率よく発電しましょう。

READ MORE
住宅

再生可能エネルギーの太陽光

なぜ太陽光発電が注目されているかを見ていきましょう。枯渇することない太陽光だからこそ注目されています。

READ MORE
屋根

太陽光発電の仕組み

太陽光発電がどのように行なわれているかの仕組みについて説明しています。

READ MORE
太陽光発電

太陽光発電の寿命

太陽光発電は長期に渡って使用できるとされています。より長く使用するためにメンテナンスをしっかりとしましょう。

READ MORE

太陽光設置に関するQ&A

どんな場所に設置できますか?

太陽のあたるところであればどこでも発電することができます。しかし、建物の構造や強度、土地の境目によって設置できない箇所があるので、その場合は販売店などに相談しましょう。

どんな機器を設置しますか?

太陽電池モジュールを取り付ける架台、場合により架台を設置する基礎を構築します。発電された電気の変換を行なうパワーコンディショナを雨露が直接かからない場所に設置します。

面積と重量はどのくらい?

屋根に設置するシステムでは、太陽モジュールの設置面積は約35㎡です。重さは約500kgほどあります。

どんな屋根でも設置できますか?

工法を選ぶことで一般的な住宅の屋根であれば設置可能です。しかし、家屋の状態によって補強や、最悪の場合設置ができないこともあります。

設置に補助金などありますか?

地方自治体によって変わりますが、補助金の支援制度を設けている場所があります。お住いの自治体へ問い合わせてみましょう。

新築で導入するメリット

太陽光発電

新築で太陽光発電を建てる

新築をする人の3人に1人が太陽光システムを設置しています。新築で太陽光発電を導入するメリットがいくつかあります。

最適な屋根を選べる

家を建てる場所さえわかれば、効率の良い発電方法に合わせて屋根の形を作ることができます。新築時には一番要領の良い屋根を作り、太陽光発電を導入できます。

見栄えを綺麗に

家の建築と合わせて配線場所やケースの設置を行なえるので、通常外壁などに設置する配線が見えなくなり見栄えが良くなります。

パワコンの位置を決められる

パワーコンディショナは屋内設置が主流です。分配版が近く配線が可能な場所に設置するため、新築はその場所を確保するために図面変更を行なったりと柔軟な対応が可能です。

広告募集中